会社を設立しようかなと考えている方、始めの第一歩としてご覧下さい。

社長になろう

会社の設立をするについて

会社を設立するためには、法律のリールをしっかりと守らないといけないです。
会社を設立する為には、流れてと言うのもあります。まぁ、流れと言うか、順番ですね。この順番通りに手続きを進めていくのです。

会社設立をする順番

会社の名前や、場所、目的を決定する

始めに、会社の名前を決めましょう。会社の名前を決めないと、なんと会社を読んで良いのかもわかりません。
また、会社を設立しても登録をする事ができません。ですので、まずは会社の名前を決めましょう。しかし、この会社の名前を決める時にきをつける事があります。それは、商標登録されている他の名前と似たような名前もしくは、同じ名前にしない事です。他と同じ名前でも、所在地や、目的が違えば使う事が出来るのですが、後から問題が発生する可能性もありますので、やはり、会社名はオリジナルがいいでしょう。
名前が決まったら、場所はどこにするのかです。ようはドコに会社を建てるかですが、これは、自分の好きな場所で良いでしょ。
自分の住んでいる所でも良いですし、人が集まるような場所で店舗をまたは、部屋を借りて使ってもいいでしょう。つぎには、目的を決めます。会社を設立すると考えた時には、どんな会社にしたいかがある程度固まってはいると思います。なんとなく会社を設立する人はいないと思いますからね。
何かを売る会社なのか、サービスを提供する会社なのか、目的をハッキリさせましょう。

定款を考える

定款と言うのは、会社のルールの様な物です。国には、法律があるように、学校には校則があるように、会社には定款があるのです。これは必ず作成をしないといけません。
この会社ではどのようなルールを決めているのかをみんなが分かるようにしていたりする為の物です。
しかし、書面でこの定款をきちんと作ったとしてもそれだけでは、ただの紙切れで勝手にルールを作っただけになってしまいます。ですので、定款を作ったら、公証人の認証を受ける必要があるのです。この認証を受けたら、きちんとしたルールだと言う事で法的な効果が出てくるのです。

出資金を払います

出資金の支払いをする事になります。この出資金は株式会社の設立をした人の個人の口座に支払いをする事になります。代表者は、この振り込みがされた事を証明するものを作ります。そして、通帳のコピーと一緒にするのです。

必要な書類をつくります

会社の設立には沢山の必要な書類があります。ですので、まずは、会社の印鑑から作ってしまいましょう。
書類には、印鑑を押す場所が沢山あります。印鑑がないと書類を作成する事ができません。
ですので、印鑑を先に作成して、それから書類の作成にかかります。

会社の設立の登録をします

すべての書類の作成が終わって、そろったら、登録をします。
登記所で登録をするのですが、この登録をする時には、代表取締役の人が本店がある住所を管轄している登記所に行って、登録jをするのです。
登録の申請をするのには、期限が決まっています。取締役や監査役の調査が終わってから2週間以内となっているのです。
また、この登録は慎重に行われますので、申請をしてすぐに登録されると言う事はありません。
ですが、この登録が受理されたら正式に会社が設立されたと言う事になります。尚、会社が設立された日にちと言うのは、登録の申請をした日になります。

▲ ページトップ

 

Copyright (c) 2008 社長になろう.All Rights Reserved