会社を設立しようかなと考えている方、始めの第一歩としてご覧下さい。

社長になろう

LLCと言うのがある

新しい会社の組織として、LLCと言うのがあります。
今までは、無かった組織の事ですが、アメリカなどでは、前からあった物です。
LLCも日本ではまだ新しい組織の事ですので、聞いた事がない人も多いと思います。ですので、LLCと言うのがどういうものなのかを解説してみたいと思います。

LLCとはなんだろう

LLCと言うのは、Limited Liability Companyの頭文字を取った物で、日本語で直訳をすると、有限責任会社と言うことになります。
これは、合同会社と言う事にもなるのです。
LLCは株式会社に近い組織の形をしているのですが、株式会社とはまた違った組織でもあります。
株式会社では、出資をしている人たちは有限責任となり、責任については、出資範囲内でいいと言う事になっています。しかし、会社自体のルールが沢山あった、なかなか自由に動く事ができないのが現実です。
株式会社とは反対の合資会社とか、合名会社と言うのがあります。こちらは、株式会社よりもルールが広くなっているので、自由に動く事ができるようになりますが、責任の部分が重くなってしまいます。
無限責任となりますので、自分が出資をした以上の責任を負わなくてはいけなくなってしまうのです。
この二つの良い所だけを取り出してできたのがLLCと言う訳なのです。

つまり、責任は、有限にして、自分のやった分だけの責任をとり、ルールは広くして、自由に動けるようにしているのです。
それが、合同会社(LLC)と言うものなのです。

LLCにはどんな特徴があるのか

LLCにはこのような特徴があります

● 社員は全員有限責任者になります
● 社員が1人でも会社を設立する事ができます
● 社員全員が業務の執行をする権利を持っています
● 業務をする時に方向性を決める場合、社員全員で多数決を取って、過半数がOKなら実行できる
● 定款で業務を執行する人を決めておく事もできます

このように、沢山の特徴があります。
このほかにも様々な特徴があるのですが、特徴を見てみると、社員全員が平等の位置にいると言う事がわかります。
つまり、上下の関係がなくて、みんなフラットな関係になると言うことなのです。

持分会社になる

会社法が新しくなって、会社の組織が株式会社と、持分会社の二つに分かれました。
この持分会社にLLCが入っているのです。

株式会社と言うのは、投資家の人たちから資金を出資してもらって会社を運営していこうと言う事で考えられた会社の組織です。
これによて、会社を運営していく人と、会社の資金を出資してくれる人がきちんと別れていたのです。
ですが、この持分会社になると、出資をしてくれる人が会社の運営にも参加をする事ができるようになっているのです。
ですので、持分会社と言うのは、出資をしている人達同士が信頼をしていて、その信頼できる人たちが集まって会社を経営しているのです。
そうなると、あまり大きな会社にする事は難しくもなると思います。
ですので、小規模の会社い合っているのです。

この持分会社と言うのは、昔から存在はしていました。
合資会社とか、合名会社と言うのが、この持分会社に当てはまるものではあります。
この合資会社とか、合名会社を設立する時に、資本金の最低制限がなかったり、会社を設立する時の手続きが簡単だったりして、結構メリットがあったのですが、あまり、合同会社や、合資会社は普及しませんでした。
なぜなら、無限責任者がいないといけないからです。
だれでも、無限には責任を負う事はしたくないですからね。
ですが、会社法が変わって、この無限責任者の設定をする人数が少なくなりました。
ですが、1人は無限責任者をおかなければいけません。
LLCだと、この無限責任者は1人もいなくてもいいのです。これは大きなメリットだと思います。

 

▲ ページトップ

 

Copyright (c) 2008 社長になろう.All Rights Reserved