会社を設立しようかなと考えている方、始めの第一歩としてご覧下さい。

社長になろう

変わった会社法

会社法が変わったのを知っていますか。
会社法と言うのは、会社を設立するために必要な法律だったり、会社の為の法律です。
これが、変わったのです。一体どのような事が変わったのでしょうか。基本的には、会社を設立しやすくなっていると思います。変わった内容を見てみましょう。

こんな事が変わりました。

資本金の額が変わったよ

会社法の変わった内容で一番大きく変わった部分ではないかと思われる所です。
今まで会社を設立する為には、資本金と言うのが必要でした。簡単に言うと、最低これだけのお金をもっていないと会社を設立する事ができないと言うものです。
これは、会社の形式によって額が決まっています。株式会社なら1000万円、有限会社なら300万円が最低でも必要でした。または、5年以内にそれだけ増資をする必要があったのです。
これでは、元手のお金がないと会社設立は難しいですよね。しかし、これがなくなったのです。
なくなったと言っても、さすがに資本金が0ではスタートをする事ができません。
しかし、1円からでも会社を設立する事ができるのです。
さらに、5年以内で融資をする必要もなくなったのです。
つまり、今から会社を設立しようと考えていたら、財布に入っている小銭さえあれば設立ができると言うのです。
ただ、これは資本金だけの話になります。これ以外にも色々と経費がかかりますので、さすがに1円だけを持って会社を設立する事はできません。
手続きをするだけでも25万円ぐらいは必要だったりもしますからね。でも、以前よりかは、自分のお金が少なくても会社を設立する事ができるので、嬉しいですよね。

役員とかがなくなる?

今まで、株式会社を設立しようとすると、1人では設立をする事が出来ませんでした。
取締役は3名、監査役1名の合計4名はいないと株式会社を設立する事ができなかったのです。
しかし、会社法が変わってからは、4名も必要無くなったのです。あなた1人でも株式会社を設立する事ができるようになったと言うわけなのです。
ただ、勘違いをしてはいけない事があります。それは、どんな株式会社でも1人で設立をする事ができると言う訳ではないのです。
株式譲渡制限をしている株式会社だけの話になります。
この株式譲渡制限をしている株式会社と言うものですが、これは、会社の株式を売る時に、取締役の許可がないと売る事ができないと制限をしている株式会社の事です。これは定款によって決められています。
このような会社はだいたいが中小企業になります。
ですので、中小の株式会社を設立するならあなた1人でもOKなのです。

これが出来るメリットとしては、株式を持っている人は、その会社に対して意見などを言う事ができます。ですが、色々な人が株式を持っていると、色々な意見がでますが、よく知らない人も中にはいて、企業としてやりずらい場合もあります。それを防ぐ事ができるのです。つまり、信頼出来る人たちで会社を育てる事ができるのです。

また、役員の任期が伸びたのです。
「どういう事?」と思われると思いますが、役員と言うのは、任期が決まっていました。
株式会社では取締役が2年で監査役が4年そして、有限会社は任期がありませんでした。
それが、10年にかわったのです。変わったというか、10年まで伸ばす事が出来るようになったと言うのが正確な所です。
役員はそんな簡単には変わりません。しかし、今までは取締役なら2年で更新の手続きをしないといけなかったのです、
そんなにコロコロ変わるところではないのに、2年事に手続きをしては、時間ももったいないですし、料金もかかりますので、もったいないですよね。これが10年になるのですから、余計な時間や、料金を掛けなくて済むようになったのです、

会社の名前が緩くなった

これは、会社の名前を付ける時に関係することなのですが、
会社の名前をつけるのは、結構悩みますよね。他の人から覚えやすいような名前にしたいのかとか、インパクトのある名前にしたいとかで迷います。さらには、他の会社が使っている名前は使えなかったので、名前の候補を挙げても、他で使われていたら、結局使えません。
ですが、これが緩くなったのです。
つまり、今までは、同じ市町村で同じ名前の会社があってはいけないと言う決まりになっていたのですが、
会社法が変わってからは、同じ市町村でも住所が違ければ、同じまたは、似た名前を使っても大丈夫だと言う事になりました。
ですので、○×産業と言う会社が別にあるとして、そのとなりにあなたの会社を建てるとします。そして名前が○×▲産業としても一応はOKなのです。
住所が違いますからね。ただ、同じビル内に入っている場合には、ダメです。
しかし、いくら大丈夫だとしても、前からある会社はおもしろくないですよね。もしあなたが一生懸命考えて付けた名前で、ソコソコ人にも知られてきた所で他の会社が似たような名前を付けたら、イヤですよね。さらには、お客さんがそこに流れてしまったら余計にイヤですし、腹が立ってしまいます。
ですので、訴えられる可能性もあるのです。
ですので、いくら緩くなったからと言っても、なるべくはオリジナルな名前を付けるようにした方がいいでしょう。

 

▲ ページトップ

 

Copyright (c) 2008 社長になろう.All Rights Reserved